ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

グレー・ゴースト・テッケル(英:Grey Ghost Teckel)とは、ドイツ原産の二重純血犬種である。はじめは狩猟用に作出された猟犬であったが一度絶滅し、後にブームにより愛玩犬として再作出された。厳密に言えばこの二つは別犬種であるが、ここの項目ではこの両方を解説する。


歴史

第二次世界大戦によってドイツ国内は大荒れとなり、食料が不足した。そのためある数人のグループが戦後にヴァイマル市内にいた、どこからか逃げ出したと思われるワイマラナーとダックスフントと思われる捨て犬(サイズは不詳、スムースコート)数頭を拾って飼って交配させ、獲物の臭いを追い、かつポイントも出来る猟犬にするために犬種として確立した。一部の人には人気があったが、作出の際に用いられた雄のワイマラナーは戦後のどさくさにまぎれて盗んだものであるとしてワイマラナーのブリーダーにクレームを立てられた事により批判され、作出後数十年で絶滅してしまった。ちなみに、かつてワイマラナーは貴族専用の犬種で、輸出や譲渡を厳しく禁じていたため一般市民の手に渡ることを嫌い、ましてやそれを交雑させて別の品種を作られる事に抵抗感があったためにこのようなクレームが出されたといわれている。しかしながら、ブリーディング個体厳しく管理されていたといわれているが、けっきょく作出に使われた雄のワイマラナーはもとの飼い主が見つかる事は無く没してしまった。
その後数十年のあいだグレー・ゴースト・テッケルは忘れ去られるが、近年の愛玩用の雑交犬や二重純血犬種のブームによって目をつけられ、アメリカ合衆国で再構成される事になった。これは専ら愛玩犬として飼育されているが、多くのタイプがあり、二重純血のものだけでなくただワイマラナーとダックスフントを雑交させただけの雑種犬もいて煩雑な状態である。犬種名も統一されておらず、オリジナルのグレー・ゴースト・テッケルの名の他にもワイマル・ダックス(Weimar-Dachsh)、ドキシマラー(Doxiemarar)、ワイックス (Weix)などといった呼び名が付けられていて、この復活版はいまだにどの犬種名に統一されるか定かではない。現在アメリカなどでは愛玩用の二重純血犬種や雑交犬に対する批判が年々高まってきているため、コッカリアなどのようにブームにのって作出されたものは徐々に絶滅していっている。そのため、グレー・ゴースト・テッケルの復活版も犬種基準が統一される前に消滅してしまう可能性も否定できない。

特徴

第二次世界大戦終戦後に作出されたオリジナルのものはワイマラナーよりサイズが小さいが、脚が長くダックスフントのような顔つきをしていたといわれている。垂れ耳・垂れ尾であるが尾は半分の長さに断尾した。「グレー・ゴースト」と呼ばれる純銀のような美しい毛色を受け継いでいてなめらかな短毛であった。なお、そのころはワイマラナーのロングコートのものはスタンダード外として処分されていたため、グレー・ゴースト・テッケルが短毛だったのも説明がつく。目はワイマラナーのように青く小さい。走るのが速く、ポイントと狩猟の両方をこなしていた。性格はよく分かっていない。
近年再生された復刻版は主に短毛なものと長毛なものに分かれ、それぞれダックスフントの影響を受けて3つのサイズ階級がある。絶滅したオリジナルにものはワイマラナーの特徴が濃く出るように改良されたが、こちらはダックスフントの血を強く引いているため外見はそれに似ている。最もポピュラーな組み合わせの二重純血のものはロングヘアード・ワイマラナーの雄とロングヘアのミニチュア・ダックスフントの雌をかけ合わせたものをもとに作出されたもので、美しいグレー・ゴーストのロングコートは短毛のワイマラナーに引け劣らない美しさがあるという。垂れ耳・垂れ尾で胴長短足、性格は外交的であるが寂しがりやな一面もある。

参考

『デズモンド・モリスの犬種事典』(誠文堂新光社)デズモンド・モリス著書、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます