ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

セント・ヒューバート・ジュラ・バセット(英:St.Hubert Jura Basset)は、スイスのジュラ山脈地域原産の短足セントハウンド犬種のひとつである。別名はスモール・セント・ヒューバート・ジュラ・ハウンド(英:Small St.Hubert Jura Hound)、セント・ヒューバート・ジュラ・ニーダー・ラウフフント(英:St.Hubert Jura Nieder Loufhund)。
ブルーノ・ジュラ・バセットと一絡げにみられる場合もあり、その際には両種とも単にジュラ・バセットと呼ばれる。


歴史

20世紀にスイスで狩猟規制が布かれ、それに伴って作出された犬種である。ジュラ地域のセント・ヒューバート・ジュラ・ハウンドをバセットタイプの犬種と掛け合わせて足を短くし、体高を落としたものである。
主にノウサギやシカなどの臭いを追跡するのに用いられる。本種もセント・ヒューバート・ジュラ・ハウンドと同じく、臭いの追跡のみが仕事で、獲物を自力で仕留めることはしない。
現在生存頭数は非常に少なく、絶滅が危惧されている。基本的に原産地にしか存在せず、ほぼ全ての犬が実猟犬として使われている。

特徴

セント・ヒューバート・ジュラ・ハウンドの脚を短くした、そのままの姿をしている。それと同じくセント・ヒューバートの血により、嗅覚が極めて鋭い。筋肉質のがっしりした体格で、スモール・スイス・ハウンドの他種と同じく、胴長短足。頭部の形はセント・ヒューバートの子孫であるブラッドハウンドに似ていて、顔にはしわがあり、のど下にはデューラップというたるみがある。マズルは太く短く、耳は長めの垂れ耳、尾は飾り毛のない垂れ尾。コートはスムースコートで、毛色はツートーンのブラウンかタン・アンド・ブラック。体高は他のスモール・スイス・ハウンドと同程度だが、体重はそれらより重い。性格は従順で温和、警戒心が強い。初対面の人に対しては警戒心を持つが、いったん打ち解けると好意的に接する。嗅覚が優れていて、獲物の臭いを追跡することが大好きである。バセットタイプの犬種としては非常に力が強いが、攻撃的な面はなく、温厚である。吠え声はよく通り、粘り強くスタミナは多い。運動量は膨大で、かかりやすい病気はしわやデューラップの間におきやすい皮膚炎や股関節形成不全などがある。

参考文献

『デズモンド・モリスの犬種事典』デズモンド・モリス著書、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます