ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

ティンバーウルフドッグ・シェパード(英:Timber-Wolf Dog Shepherd)とは、アメリカ合衆国原産のそり引き用のウルフドッグ犬種である。ティンバーウルフ・ドッグの亜種でもある。


歴史など

本種はティンバーウルフ・ドッグよりも扱いやすい犬を目指して作られた犬種である。ジャーマン・シェパード・ドッグとティンバーウルフを交配させたものをもとに作出し、改良を加えて品種として固定したものである。ティンバーウルフ・ドッグに比べると気性が安定していて扱いやすいが、ウルフドッグ犬種特有のクセは持ち合わせていて、いくらか身体能力の面において劣る部分もある。時々アメリカン・ツンドラ・シェパードと混同されることもあるが、両者は別々に作出された別の犬種である。ペットとしても人気があるが、多くは犬ぞり用に使役されている。
尚、ティンバーウルフ・ドッグは最初からリーダー格でしかそりを引くことができないが、本種ティンバーウルフ・ドッグ・シェパードはリーダー格以外での地位でもそりを引くことができる。

特徴

容姿はオオカミとジャーマン・シェパード・ドッグの中間である。眼光鋭く、野性味あふれるワイルドな顔つきをしている。立ち耳、ふさふさした垂れ尾でコートはロングコート、毛色はウルフやブラック・アンド・タン。大型犬サイズで、性格は主人にのみ忠実だが、内向的で警戒心が強い。支配欲はティンバーウルフ・ドッグに比べるとそれほど高くないが、全く無いというわけではないのでしっかりとした訓練が不可欠である。身体能力は高く、ドッグスポーツにも適した犬種である。反射神経と学習力の面に於いても優れていて、体力は非常に多い。

参考

『デズモンド・モリスの犬種事典』デズモンド・モリス著書、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます