ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

デリーテッド・フィールド・スパニエル
Nordisk familjebok public domain
デリーテッド・フィールド・スパニエル(英:Deleted Field Spaniel)は、イギリスのイングランド原産のスパニエル犬種である。フィールド・スパニエルから分離した犬種で、現在は絶滅した。犬種名の「デリーテッド」は英語で「消去された」という意味を持ち、この名は後世になってからつけられた。


歴史

デリーテッドの原種であるフィールド・スパニエルはもともとフラッシング・ドッグ(鳥猟犬の一種の使役形態)として働く実猟犬であった。これが19世紀になるとショードッグとして用いられるようになると、容姿の改造が行われた。これにより誕生したのがショータイプと呼ばれるフィールド・スパニエルで、狩猟に使うために繁殖し続けている、元の姿を止めた系統は実猟タイプと呼ばれるようになった。ドッグショーに出場する事により、両者は次第に知名度を上げていった。
しかし、一部の熱狂的なブリーダーはショータイプの犬の特徴を極端に強調し、健康の害を省みずに改造を行ったため犬質が劇的に悪化し、実猟タイプのブリーダーと通常のショータイプのブリーダーから厳しく非難された。あまりにも極端に特徴を誇張しすぎたために病気にかかりやすくなっただけでなく、胴体が弱くなり、脚が湾曲し、近親交配や戻し交配を多く行った影響により癌や奇形にも悩まされ、平均寿命も大きく低下してしまった。この犬の出現によりフィールド・スパニエルの人気は暴落し、犬の知識が希薄な人からは改造が一切行われていない実猟タイプの犬まで批判されるようになってしまった。人気を消され犬質と評判を悪化させたことに憤慨した両タイプの愛好家はこの極端な改造が行われた犬をスタンダード(犬種基準)から排除する事を決定し、この犬の愛好家は別の犬種クラブを作って分離独立することになった。しかし、悪評やブリーディングの難しさから人気は出ず、その後起こった第二次世界大戦の戦禍により壊滅的なダメージを受け、犬種保存が出来なくなり絶滅した。

特徴

その容姿はフィールド・スパニエルとはかけ離れた姿をしているといわれている。頭部は大きく重く、垂れ耳は長く、飾り毛がある。マズルは短くて先が平らで、首は短い。体高が低く、胴が長く脚が短く細いため腹部が垂れ下がり、脚は湾曲している。後ろ脚は特に弱く、走ることが出来ない。コートは柔らかくウエーブがかったロングコートで、毛色はブラック又はゴールデン・レバー。コートの量はフィールド・スパニエルよりも多い。中型犬サイズで、性格は大人しく友好的な面が原種から受け継がれている。遺伝的にかかりやすい病気は緑内障、白内障、難口蓋過長症、外耳炎、気管虚脱、椎間板ヘルニア、慢性腰痛、心臓疾患、関節疾患、骨折、内分泌系疾患、悪性腫瘍、先天性奇形などが挙げられる。
尚、現在のフィールド・スパニエルのショータイプは慎重なブリーディングが行われているため、このような病気にはほとんどかからない。

参考

  • 『デズモンド・モリスの犬種事典』 デズモンド・モリス著、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます