ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

ドーベル・シェパード(英:Dober Shepherd)とは、ドイツ原産の軍用の二重純血犬種である。 ドーベルマンの運動神経とジャーマン・シェパード・ドッグの知性を併せ持つ犬種を目指して作出された。
ここではファシズム台頭期に存在した、この犬種の前身であるアルサス・ドーベル(英:Alsath Dober)も併せて解説する。

歴史

この犬種の前身はアルサス・ドーベルという、ドーベル・シェパードと親種の組み合わせが逆の犬種であった。 これは力の強さを中心として作出された軍用犬種で、ファシズム台頭時代には嗅覚で隠れたユダヤ人を探し出し、捕らえてくるのに用いられていた。 第二次世界大戦後、アルサス・ドーベルはすべて処分され、血統は根絶やしになった。作出に関する書類もすべて焼却され、ほとんどアルサス・ドーベルに関するステータスは残されていない。唯一知られているのは上記のように使われていたことと、性格・外見だけである。
後の世に災害救助犬、警察犬、麻薬探知犬として専門に使える強く賢い犬種を新たに作出しようという試みが行われ、このドーベル・シェパードとジャーマン・ラブラドールという二種類の実験的な二重純血犬種が作られた。ジャーマン・ラブラドールは性格・知性はよいものの腰が弱くなる欠点があったため、警察犬などとしてではなく介助犬やセラピー犬として使われることになったが、ドーベル・シェパードは知性あるだけでなく訓練によく応え、身体能力が高いため実際に災害救助犬や麻薬探知犬として使われることになった。
これによって誕生したドーベル・シェパードはアルサス・ドーベルとは逆の親種のかけ合わせたものをもとに作られた。その名のとおり、父種はドーベルマンで、母種はジャーマン・シェパード・ドッグである。
近年輝かしい仕事を行っているドーベル・シェパードだが、アメリカ合衆国などに輸出されたものの中には違法な闘犬に使われてしまうものも少数あり、それが摘発されると飼い主から没収されて一時動物保護センターに預けられるのだが、一定期間内に新しい飼い主が見つからなければ殺処分されてしまう悲しい現実がある。また、ユダヤ系の人の中には戦争時のことを思い出して恐怖を感じるため、かつて作出を禁止使用とする運動も起こった事があったが、ドーベル・シェパードはアルサス・ドーベルとは別の犬種であり、社会的な使役をさせることを条件に繁殖されていることを繁殖者が証明したため、作出禁止を免れた。

特徴

アルサス・ドーベルは外見がほとんどドーベルマンであるのに対し、ドーベル・シェパードは親種の中間の姿をしている。どちらかというとドーベルマン寄りの姿で滑らかなスムースコートを持つが、顔つきはジャーマン・シェパード・ドッグである。 立ち耳または垂れ耳で、尾は飾り毛のない垂れ尾。耳・尾は断耳・断尾しない。毛色はウルフ、ブラック・アンド・タン、ブラック、ホワイト、ブルー、イザベラなど。性格は穏やかで忠実だが、主人に襲いかかる者に対しては勇敢に戦う。賢く、家庭のペットとしても飼育することができるが、しっかりとした訓練が必要である。日本でも数頭飼育されている。

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます