ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

ドギュイン・マスティフ(英:Dogin Mastiff)は、フランス原産のマスティフ犬種のひとつである。


歴史

18世紀ごろか、それより少し前に作出されたといわれている。闘犬の最盛期に、ボルドー・マスティフを更に闘犬や闘牛犬として適した体にするため、オールド・イングリッシュ・ブルドッグなどを掛け合わせて改良して作られたものである。
主に雄牛やロバと戦うことを専門として使われた。戦うといっても、実際には犬が身動きの取れない鎖でつながれた1頭の動物を犬が数匹で攻撃して嬲り殺す、非常に残酷な出し物であった。牛やロバは全ての脚と首に鎖がつながれ固定され、それを闘犬たちが噛み付いて徐々に弱らせてていく。噛み付く場所は鼻や耳、舌、目などで、最終的に攻撃を受けた動物は死に至る。このように犬が動物に攻撃を仕掛けて嬲り殺すことを、正式には闘犬ではなくペインティング、もしくはバイティング(ベイティング)と呼び、嬲り殺される動物の名前を頭につけ、雄牛であればブル・バイティング、ロバであればドンキー・バイティングなどという。ちなみに、バイティング最盛期には、世界中でおよそ100種以上のバイティング用の犬種が存在していた。バイティングは非常に血なまぐさいものであったが、レジャーとして定着し、イギリスのイングランドでは、時に王室でバイティングが催されることもあった。
しかし、動物愛護団体などだけでなく、バイティングに反対するものも数多く、下品且つグロテスクであることなどが認められ、時期に闘犬やバイティングは廃止された。これに伴ってドギュインは仕事を失い、これに加えてフランス革命の戦禍に巻き込まれることになり、18世紀の終わりごろから19世紀のはじめにかけての期間に絶滅してしまった。

特徴

原種であるボルドーと比べると体高は少し低めで、ブルドッグ(正確に言うとその原種であるオールド・イングリッシュ・ブルドッグ)に近い特徴を備えていた。筋肉隆々の体つきをしていて、マズルは短く鼻は低めである。胸は広く、脚は短めで太い。顔や体にはしわがあり、たるみは引っ張るとよく伸びた。耳は垂れ耳、尾は飾り毛のない垂れ尾だが、耳は断耳して立たせ、尾は短めに断尾された。コートは硬めのスムースコートで、毛色に制限はない。中型犬サイズで、性格は主人に忠実で従順だが、警戒心が強く防衛本能が高かったといわれている。力が強く度胸があり、自分より体の大きな「獲物」と対しても、怯むことはない。

参考文献

『デズモンド・モリスの犬種事典』デズモンド・モリス著書、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年

関連項目

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます