ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

ニュー・ロシア・アヴァンギャルドとは、1970年代生まれ以降のロシアの現代音楽の作曲家たちのことを指す。

起源

スターリン時代に於いては現代音楽の研究は非合法とされ、ルイージ・ノーノが密輸した楽譜によってかろうじて学ぶことができる状態が続いた。ソ連崩壊後、現代音楽の情報は完全に解禁された。モスクワ現代音楽アンサンブルの創立は1990年、モスクワ現代音楽スタジオの創立は1993年であり、ソ連崩壊まで現代音楽のアンサンブルを組むことすら、逮捕の口実になりえたのである。これらの現代音楽アンサンブルの創立の著しい遅延は、ロシアの若い演奏家へ計り知れないダメージを与えた。日本でも同様の現象が見られるが、「ロシア人の演奏家なのに、ロシアの現代作曲家を知らない」ということも依然として稀ではない。
「ニュー・ロシア・アヴァンギャルド」と呼ばれる理由は、モスクワ現代音楽アンサンブルがツアーを行った際、前半をロシア・アヴァンギャルドの作品、後半をアレクサンダー・ヴスティンからアレクセイ・シオウマクまでの世代をカヴァーした演奏会がイギリスで行われたことにヒントを得て、野田憲太郎が命名したからである。もし、海外でロシアの新世代を総称するキーワードが見つかり次第、この記事名は至急変更されることになろう。
これらの概ね1970年代生まれのロシアの作曲家を便宜上一まとめにしたもので、元々はロシア5人組やフランス6人組のようにグループで活動しているわけではなかった。近年先輩格のボリス・フィラノフスキから、アレクセイ・シオウマクがサンクトペテルブルクで、Structural Resistance Groupを結成し、グループで動き出した。明らかに戦略的な意図で結成したものと見られる。
実際、ロシア・アヴァンギャルドとニュー・ロシア・アヴァンギャルドの間には共通点が少なくない。ロシアからの新しい音楽の息吹きを感じる点、新政権発足後に代表作が生まれている点、特異な作風であるゆえ演奏家が極めて限られている点などである。ロシア・アヴァンギャルドのように、政権交代で活動停止に追い込まれる確率は、限りなくゼロに近いであろう。

作曲家たち

この世代に該当する作曲家はヴァディム・カラシコフ、ドミトリ・コゥリャンスキ、アレクセイ・シオウマク、アントン・サフロノフ、アッラ・ケッセルマン、ドミトリ・シェグラコフ、オルガ・アルシナ、オルガ・ボチヒナ、マリナ・コルコヴァ、ニコライ・クルストなどが挙げられる。単なる偶然なのか、聞き苦しさや陰鬱な雰囲気に彩られた作品を多く見かけるのは、スターリン体制下の音楽家への不当な冷遇を想起させる。女性であっても、相当な音響の爆発が認められる点も特筆される。
最近になってClassical midi archivesはClassical_Archivesとサイト名を改め、有料コンテンツを増設すると共に多くの音楽家の紹介を兼ねるサイトへ変更した。特にロシア、中央アジア圏の音楽家を幅広く網羅しており、この記事に該当する作曲家の作品も試聴できる。

外部リンク

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます