ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

パレスティナン・パリア・ドッグ(英:Palestinan Pariah Dog)とは、パレスチナ原産の野生の犬種である。インドのパリア犬の中東バージョンであり、イスラエル原産のカナーン・ドッグの原種でもある。なお、イスラエルにいるパリアタイプの犬種はイスラエリアン・パリア・ドッグ(英:Israerian Pariah Dog)と呼ばれ、別の犬種として扱われている。


歴史

インドのパリア犬と同じく太古の昔から存在していた犬種で、もともとは家畜として飼育されていたものが逃げ出して野生化し、独自に犬種として進化していったものである。なおこの犬種にはいくらか容姿の種類があるが、それは初期に他犬種と交雑してしまったことによるものである。しかし現在は既にタイプが固定されてから数千年の月日が経ち、犬種として固定されて犬の品種のひとつとしてとらえられている。
1935年にイスラエルでカナーン・ドッグの作出が開始されると、これのコリータイプと呼ばれる型の犬がベースに使われたが、これ以外にはっきりと年号が判明している歴史はない。近年は原産地で度重なる紛争や貧困・飢饉が起こっているため、パレスティアン・パリア・ドッグの生息頭数もかなり減少し、現在は絶滅寸前である。本種はほとんどが既出の通り野良暮らしを行って人などから食料を調達する生活をしているが、一部の犬は番犬として飼育されている。

特徴

容姿は大きく4つのタイプに分けられるが、どれも無駄のない原始的でスリムな体つきをしている。
  • 牧畜犬タイプ…がっしりとした家畜護身犬種のような外見を持つタイプのもの。筋肉質で体重が重く、力強い。垂れ耳・垂れ尾でショートコート。
  • ディンゴタイプ…日本犬やタイ・リッジバック・ドッグに似るスピッツタイプのもの。立ち耳・垂れ尾で毛はショートコート若しくはスムースコート。
  • コリータイプ…ハーダー(牧羊犬などの家畜を管理する犬種の事)タイプとスピッツタイプの中間の姿を持つもの。半立ち耳又は折れ耳で垂れ尾。中肉中背で体重が軽く、コートはショートコート。
  • サイトハウンドタイプ…パリア犬とクレイハウンドに似た細身で脚の長いもの。見た目通りかなり足が速い。折れ耳又は垂れ耳でサーベル形の垂れ尾若しくはゆるい巻き尾。コートはスムースコート。
これらのタイプの犬に共通する事は中型犬サイズで病気に強く、毛色に制限が無く性格は用心深くなかなか人に心を許さないということなどである。ちなみに近縁種のイスラエリアン・パリア・ドッグにもこのようなタイプがあるが、コートはスムースコートのみで若干人にも慣れやすい。

参考

『デズモンド・モリスの犬種事典』(誠文堂新光社)デズモンド・モリス著書、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年 注:本書ではカナーン・ドッグの歴史の中で「パレスチナのパリア犬」として紹介されている。

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます