ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

フライブルク楽派とは、1980年代のブライアン・ファーニホウの台頭と共に、ダルムシュタットなどでフライブルクのクラウス・フーバー門下がにわかに脚光を浴び、紹介された作曲家集団の総称。

概要

ラジオや雑誌などで今日一般的に使われている。特定のものの考え方や技法・様式などはないが、ブライアン・ファーニホウをはじめリズムや微分音・拍子などがシュトゥットガルト楽派に対して複雑な傾向にある。結果的にはファーニホウがこれらの細分化を極端に推し進め、新しい複雑性と呼ばれる新たな潮流を生み出した。
この楽派に近い現代音楽をフォローする為、アンサンブル・アヴァンチュール、アンサンブル・ルシェルシュ、アンサンブル・モデルン、アンサンブル・オリオールなどが創設され、活発な新作発表を行った。

メンバー

主なメンバーに、日本の細川俊夫をはじめブライアン・ファーニホウ、ヴォルフガング・リーム、クラウス・シュテファン・マーンコプフ、たかの舞俐、エルンスト・ヘルムート・フラマー、フーバーの妻のヨンギー・パクパーン、ベルンフリート・G・プレーベ、ヨハネス・シェルホルン、藤井喬梓、ゲラルト・エッケルト、ミヒャエル・ロイデンバッハ、マーク・オズボーンなどがいる。

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます