ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

ブルーノ・ジュラ・バセット(英:Bruno Jura Basset)は、スイスのジュラ山脈地域原産の短足セントハウンド犬種のひとつである。別名はスモール・ブルーノ・ジュラ・ハウンド(英:Small Bruno Jura Hound)、ブルーノ・ジュラ・ニーダー・ラウフフント(英:Bruno Jura Nieder Loufhund)など。 
セント・ヒューバート・ジュラ・バセットと一絡げにみられる場合もあり、その際には両種とも単にジュラ・バセットと呼ばれる。


歴史

20世紀にスイスで狩猟規制が布かれ、それに伴って作出された犬種である。ジュラ山脈地域のブルーノ・ジュラ・ハウンドをバセットタイプの犬種と掛け合わせて足を短くし、体高を落としたものである。 
主にノウサギやキツネ、シカを狩るのに用いられる。獲物の臭いを追跡し、発見すると追いかけて仕留める。獲物がノロジカの場合、止めは主人が刺す。 
やはり本種も他のスモール・スイス・ハウンド種と同じく希少で、基本的には原産地外で飼育されていない。しかし、一部はフランスでも飼育され、一部の猟師や愛犬家に人気がある。いずれも大半は実猟犬として飼育され、一部がショードッグとして使われている。

特徴

ブルーノ・ジュラ・ハウンドの脚を短くした姿をしている。コートは滑らかなスムースコートで、毛色はツートーンのブラウンかブラック・アンド・タン。ベースカラーは明るいブラウンかタンで、それの背に濃いブラウンかブラックのサドルが入ったものである。
ややがっしりした体つきで、脚は長い。のど下にはデューラップというたるみがある。頭部は大きめで耳は長い垂れ耳、尾は飾り毛のない垂れ尾。重心が低めのため、他のスモール・スイス・ハウンドと同じく早くは走れないが、その分スタミナが多い。
性格は忠実で従順、人懐こい。しつけの飲み込みと状況判断力は普通である。かかりやすい病気もブルーノ・ジュラ・ハウンドと同じで、耳が長く垂れているために起こりやすい外耳炎、デューラップにおきやすい皮膚疾患などがある。これらの病気はまめな耳掃除や蒸しタオルによる手入れで防止できる。

参考文献

『デズモンド・モリスの犬種事典』デズモンド・モリス著書、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます