ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

ラブリー(英: Labrit)とは、フランス原産の作業用の二重純血犬種である。原産国とアメリカ以外ではあまり見かけない、まだ珍しい新犬種である。
なお、犬種名の由来は二重純血犬種ではよくある両親種の名前の組み合わせだが、それに加えて友好的な性格であることからこのような犬種名になった。

生い立ちなど

ブリアールの羊追い能力とラブラドール・レトリーバーの理解力と扱いやすさを兼ね備えた牧羊犬を作り出すために、20世紀後半に上記の両種を掛け合わせたものを元に作出された。
作出は成功したが、はじめはどこの馬の骨かも分からないような雑種だとか、ブームに臨場して掛け合わされたと言われてひどく罵倒されていた。しかし実際に一部の牧場で試験的に使用し見学会を開くなどして行くうちに能力が評価され始め、その名はフランス国内に知れ渡っただけでなくアメリカにも輸出されるようになり、そちらでも大農場で牧羊犬として使役されるようになった。
然し、現在は衰退する一方で、フランスでもアメリカでもなかなか見かけられない存在になってしまった。

特徴

  • ブリアールのように全身が毛深いが、顔の部分や足先の毛は短い。そのためそれより視野が広く、広範囲の羊を発見・誘導する際に役立つ。
  • 耳は立ち耳でも垂れ耳でもよい。耳にも長い毛が生えている。顔つきはおおむねラブラドール・レトリーバーに似ている。
  • 尻尾はバランスをとるために長くて太い垂れ尾(ラブラドールと同じで、オッターテイルとも呼ばれる)で、飾り毛がある。
  • 性格は温和で状況判断力に富む。与えられた仕事をこなす事に喜びを感じる、仕事熱心な性格である。また、来客にも愛嬌を振りまく。
  • サイズは固定化されていない。それはサイズよりも能力を重視して作出・改良が進められているからである。ただし、両親種が大型なので、ラブリーも大型犬である。
  • 毛色はさまざまだが、多くはマズル、耳、足先などにブラックのマーキングを持つ。

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます