ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

レユニオン・トイ・スパニエル(英:Reunion Toy Spaniel)は、フランス領レユニオン島原産の古い愛玩犬種である。現在本種は絶滅してしまったが、健在のマダガスカル原産犬種、コトン・ド・テュレアールの最も古い先祖であるといわれている。


歴史

中世イングランドの貴族の間で流行していたカムファターという犬種が元になっているといわれている。それがフランスに輸入され、更に移民とともにレユニオン島に渡ってその地で改良が進められた。上級貴族に好まれて人気の犬種となったが、輸入されたビション系(縮れたシャギーコートを持つ犬種の系統)の犬種と交配されてコトン・ド・レユニオンに姿を変えると、短期間で絶滅してしまった。

特徴

ロングコートを持つスパニエルタイプの犬種で、マズルはとがっていて長く、目が大きくて眉毛のようなふさふさした毛が生えていた。垂れ耳、垂れ尾には飾り毛があり、毛色はイエロー、クリーム、ホワイトなどがある。小型犬ではあるが、体高、体重、性格に関するデータは残されていないため不明である。

参考

  • 『デズモンド・モリスの犬種事典』 デズモンド・モリス著、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます