ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

ロシアにおけるイヌ(Inu in Russia)ではロシア連邦の領内におけるイヌの歴史及び現状について記す。

ロシア原産の犬種

世界各国語でロシア情勢を伝える国際メディア『ロシアNOW』は、「ロシア原産の人気犬10種」としてサモエド、ボルゾイ、コーカシアン・シェパード・ドッグ、ブラック・ロシアン・テリア、イースト・ヨーロピアン・シェパード、シベリアン・ハスキー、イースト・シベリアン・ライカ、ロシアン・トイ・テリア、モスクワン・ガーディアン・マスティフ、スリモヴ・ドッグを挙げている*1
サモエドシベリアに住む先住民族のサモエード人に因んでいる。フワッフワの毛を持つ白い犬種。
ボルゾイオオカミに似た習性を持つ忠実な犬種。大型のサイトハウンドであり、敏捷性が高いのが最大の特徴。
コーカシアン・シェパード・ドッグ厚い毛皮と筋肉質の肉体を持つ牧羊犬。コーカサス地方原産であり、泥棒やオオカミから羊を守るのに愛用された。
ブラック・ロシアン・テリア囚人の警備に活躍する警察犬。スターリンの命によって生み出された犬種。
イースト・ヨーロピアン・シェパード賢く主人に忠実な犬種。ベラルーシ原産。ドイツから輸入されたジャーマン・シェパード・ドッグを改良して作出され、ソ連時代にはスパイ犬として使用された。
シベリアン・ハスキーチュクチ族が飼いならしていた。犬そりに用いられ、アムンセンなどは極地探検に使用した。ツンドラ地帯原産。
イースト・シベリアン・ライカライカ犬の一犬種。様々な動物を狩る狩猟犬。近代以前にはソリを引かせる犬として重宝された。
ロシアン・トイ・テリア貴族の飼い犬となっていた小型犬。ロングコートタイプとショートコートタイプがおり、ロングの人気が高い。
モスクワン・ガーディアン・マスティフセント・バーナードに似た犬種。軍用犬として作出され、後に民間警備会社によって飼われるようになった。
スリモヴ・ドッグ生物学者クリム・スリモヴ(Klim Sulimov)によってイヌとジャッカルを交配させて生み出されたカニド・ハイブリッド種。
ボロンカ・ツヴェトナナポレオンがロシアに侵攻した際に連れていた犬種。ロシアからドイツへの贈り物としても用いられた。
ウエスト・シベリアン・ライカ狩猟犬や番犬として人気のある犬種。イースト・シベリアン・ライカよりも小型で筋肉質。よく吠えるため日本での飼育には適さない。
ラッソ・ヨーロピアン・ライカ「吠える」を意味するライカ。集合住宅や都会での生活には不向きで、飼い主を選ぶ犬種。古くはフィンランドのカレリアン・ベア・ドッグと同一犬種であった。

外部リンク

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます