ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

酒井信明(さかい のぶあき1976年 - )は日本のクラシック音楽の作曲家。

略歴

大阪音楽大学作曲科を中退後、京都市立芸術大学音楽学部作曲科で学び卒業。

作風

フランス近代音楽の強い影響下(「紫は水に映らずOp.1」)から流麗な音色美でスタートした彼の創作は、やがて対位法やフーガといった書法の再履修を強く意識するようになり、原博のような「様式演習」の傾向を強めてゆく。これにより、一時期は調性音楽演習でしかない時期が存在した。公式サイトの開設時は日本語でほとんどの作品の解説が行われていた。
公式サイトから日本語ページが消滅し、英語ページ単独になった時と前後して作風がいびつに変わり始める。十二音の多声対位作品の演習から個々の音名を選び抜く態度と持ち前の造形感覚を生かした書法を2005年辺りに完成させた。「オーボエソナタ op.13」では調性なのか無調なのか区別がつきにくい音選択が延々と並んでいるだけである。恐らく最初の重要作となった「ピアノ協奏曲 op.14」では「オーケストラの中と下半分が欠落した」編成でかかれ、奇妙な和声感覚とピアノのスピード感が追求されている佳品である。この時期の作品は演奏がなされていない。調性音楽の作曲は現在も継続しており、伝統音楽で用いられたイディオムの「あくまでも拡張」という形で全作品が総括されている。
興味の対象が音色から音名へ移り変わった後に、興味深い創作活動を展開している点では同世代の西澤健一の歩みと似通っている。原博の言う「同時代と無縁の、機能和声に基づく孤独な歩み」を選択する作曲家たちが日本に育っていることがこの二名の創作歴に表れている。
近年では、作曲のみならず、ピアノ即興をアップする試みも開始されている。

外部リンク

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます