ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

小麦発酵抽出物(こむぎはっこうちゅうしゅつぶつ)は、小麦に常在する共生細菌であるパントエア・アグロメランス(Pantoea agglomerans)と小麦粉を培養(発酵)させた産物の熱水抽出物である。
マクロファージなどの食細胞を活性化する物質を含んでいる機能性素材である*1*2*3

生理的効果

パントエア・アグロメランスはグラム陰性菌であり、細胞膜にリポ多糖(lipopolysaccharide, LPS)を含んでいる。リポ多糖はマクロファージなどの食細胞を最も微量で活性化誘導する物質であり、in vitroの実験では、100pg/ml程度の濃度で食細胞を活性化することが知られている。 パントエア・アグロメランスのリポ多糖は経口摂取で、ヒト、マウス、ニワトリ、魚介類の自然免疫機能(食細胞を中心とするすべての動物が持っている生体防御機能)を亢進する。小麦発酵抽出物の経口投与は、動物実験では感染防除効果、脂質異常症の改善、I型アレルギーの抑制などの効果が報告されている*4。また、水産養殖においては、マダイ、ブリ、カワハギ、コイ、アユ、クルマエビなどの感染症に対する予防効果が知られている*5*6

パントエア・アグロメランス

パントエア・アグロメランスはグラム陰性菌であり、広く土壌および植物(小麦、イネ、サツマイモ、リンゴやナシなど)に存在する。本菌は窒素固定や無機リンを溶解する作用を持つことから、植物の成長を促進する*7*8*9。アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、日本産のすべて小麦の主要な付着細菌であることが報告されている*10。以上のことから、広く植物に共生するグラム陰性菌であると考えられる。また、ヨーロッパで広く食べられている発酵ライ麦パンは乳酸発酵により製造されることが知られているが、乳酸菌の増殖に先立ち、パントエア・アグロメランスが増殖し、乳酸の増殖(発酵)に必要な葉酸(ビタミンの一種)を供給していることが報告されている*11。さらに、欧州では、パントエア・アグロメランスの生菌をリンゴやナシの果実のカビによる病気を防ぐバイオ製剤として使用されている。

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます