ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

前衛の終焉とは、現代音楽の世界に於いて1950-60年代の技法では、探究できる世界が非常に限られるという、一種の都市伝説を指すものである。
研究者によって、この終焉の時期は見解が分かれる。1979年説を唱えているのは、作曲家兼ピアニストの金澤攝であり、確かにイタリアの1930年代生まれの作曲家たちがこの時期を境に枯渇してゆく。多くの研究者は1968年を異口同音に唱えており、この説は一般的には受け入れられているが、異を唱える研究者も数多い。
「1970年代、音楽における実験性は衰退した」(松平頼暁)。これはシュトックハウゼンやブーレーズなどの前衛作曲家たちが、苦悩を抱えつつ、オクターブや三和音などの伝統的なイディオムに回帰していったことも含まれている。ベルント・アロイス・ツィンマーマンの自殺の後、世界は多様式主義や新ロマン主義が流行し、現代音楽への正確性を欠いた根拠のない批判で埋め尽くされてゆくのである。

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます