ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

難曲の歴史とは、21世紀までに「演奏不可能とされた作品」が如何にして「演奏可能な作品」に変わっていったのか、あるいは、「難曲」が音楽愛好家の間で市民権を得るに至るのかを考察する項目である。
  1. 難曲の存在は、困難の解決・克服と、そのための努力や課題設定に意義を見出す社会通念や、人間精神の表れの一つと言える。超絶技巧の演奏家を英語で virtuoso というが、語源の一つ"virtu"は、ラテン語で美徳(徳)を意味している。
  2. ピアノ曲について一例を挙げると、クラシック通の間で難曲として有名なデュカスのソナタやブゾーニ、ゴドフスキ、カロル・シマノフスキやソラブジの諸作品がある。これらの作曲家やその作品は、つい20年ほど前まで、諸事情により顧みられずにきた(それぞれの事情については、下記においてそれぞれ論考を進めることとする)。
  3. 難曲の中でも最も難しいのは当然演奏不可能の作品である。それが初演されてはじめて難曲とされ、更に頻繁に演奏されて一般の音楽のレパートリーになっていく。

参考

19〜20世紀のピアノの秘曲

近年に再評価の始まったピアノの難曲とその作曲者。
  • デュカ(ピアノ・ソナタ変ホ短調)
  • ブゾーニ(対位法的幻想曲)
  • チャールズ・アイヴズ(ピアノ・ソナタ第2番)
  • シマノフスキ(仮面)
  • ゴドフスキ(「ショパンの練習曲」によるエチュード)
  • ソラブジ(《鍵盤楽器のための作品 Opus Clavicembalisticum 》)

(第2次世界大戦以降の)現代音楽

  • ケージ 「南天の練習曲集」
  • ブーレーズ ピアノソナタ(3曲)
  • リゲティ 練習曲集(3巻)
  • ジェフスキ 「不屈の民」による36の変奏曲、(演奏に七時間を要する)「道」
  • ミゼル「変容」
  • フィニスィー (演奏に五時間半弱を要する)「音で辿る写真の歴史」、「ピアノ協奏曲第四番」ほか。

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます