ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

日独現代音楽演奏会(にちどくげんだいおんがくえんそうかい)は、かつて東京ドイツ文化センターと関西ドイツ文化センターを中心に毎年行われていた演奏会で、原則的にはドイツの作曲家を招待し、レクチャーとコンサートが催されるイベントであった(どちらか片方のみのこともあった)。
1980年代より京都ドイツ文化センターが単独で行う形となり、それでも故稲垣静一の尽力により毎年行われていた。時には1997年に個人的に来日していたヴァルター・ツィンマーマンを招待してレクチャーを行うなど、京都ドイツ文化センターの非常に懐の深いもてなしが話題となった。時にはティニー・ウィルツ、ヘルベルト・ヘンク、シュテファン・シュライエルマッヒャーのピアノリサイタルを単独で開催することもあった。日本のピアニストの藤島啓子と徳岡紀子もこの演奏会に深く関っており、演奏を披露した。
2005年現在では稲垣静一の逝去により、この演奏会が存続するかどうかは不明である。今までに招聘された作曲家にはニコラウス・A・フーバー、マウリツィオ・カーゲル、ヤン・ミュラー=ヴィーラント、ヴァルター・ツィンマーマン、ヤーコプ・ウルマン、ルツ・グランディエーン、トビアス・PM・シュナイト、ハンス=ユルゲン・フォン・ボーゼ(但し彼は病欠)、ゲルハルト・シュテープラー、フォルカー・ハイン、シュテファン・シュライエルマッヒャー、ラインハルト・フェーベル、ロルフ・リーム、ディーテルム・ツクマンテル、ヴォルフガング・リーム、マティアス・シュパーリンガー、コーネリアス・シュヴェアー、ヨルク・ヘルヘット、ロベルト・HP・プラッツ、フリードリヒ・ゴルトマン、ニコラウス・リヒター・デ・フローなどがいる。

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます