ウィキペディアに関する情報のデータベース化を中心にやっていきます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 削除記録 - Wikipedia の復刻版

鳴瀧流古武術(めいろうりゅうこぶじゅつ)は明治末期に護身術として発足した流派である。
発足し戦時に移行するまではある程度の門下を抱えていたが戦時中、初代(指名が残っていない)を含む多くの門下が死去し急激に勢力は衰退するが、この際、時代の影響を受け、流派の型が多く改変及び昇華され、主に殺傷力の高い型(無手)・剣術・槍術・歩行術を基盤に置いた流派へと変化をする。


門下

戦後時点での宗家にあたる人物を現行の門下内では二代目、現時点で三代目までは個人として扱われるが。現行四代目は存在せず、三代目直下の弟子を全員四世代と呼称しているが、その内纏め役はを存在するそうである。現状五世代まで門下が存在する。

基本は無手は当身や足技などではなく、通しと頸が軸になっている。また、殆どの型が現状、殺傷能力が高すぎ対人に使用が基本できる代物ではないうえ、再現するのも困難なものが多く、一部の型は現行でも変化し続けている。無手の中でも禁じ手が四種・刀剣の類にも一種存在する。

無手

基本の体勢として、拳を握らない指を軽く開くという共通点が存在するが。一部例外の型が存在する。 禁じ手は、木通・柘榴・落花生・胡桃と門下内では呼称されている。

刀剣

刀剣の型としては、主に居合が主になっている。無手と違い、型を実行した際の結果が型の概念であれば刀剣の形状・本数に決まりがない。 禁じ手は、椿と門下内では呼称されている。

Menu

トップページ
ページ一覧

各種情報・リンク
2chトリップ一覧
Twitterユーザー一覧
管理者一覧
記事の削除について
チェックユーザー画面
便利なリンク集

削除された記事の復刻版

姉妹wiki
ウィキペディアオフ
Twitter公式アカウント
@wikipediamemo

Search Box

メンバーのみ編集できます